高気圧酸素カプセル・特長とご利用の流れ

通常の酸素カプセルは1.3気圧が主流ですが、トリニティの高気圧酸素カプセルは、医療機関でも使用される1.5気圧のハイスペックモデル。水深4〜5m相当の高い加圧によって、通常の酸素濃度約21%を30〜35%にまで高めます。カプセル内に通常より高い気圧の圧力をかけることで、動脈血中の酸素分圧を通常の2倍以上に高め、生命活動に不可欠な酸素を通常の2倍以上も全身に取り込むことができるのです。

ご利用の流れ

STEP-1
カウンセリング

高気圧酸素カプセルの効果、利用方法の説明、並びにカウンセリングを行い、健康状態やお困りの症状などをヒアリングします。不安な点やご質問などがございましたらお気軽にご相談ください。

STEP-2
カプセルの中へ

普段着のままでお入りいただけます(着替えの必要はございません)。カプセル内部はマットレスが敷いてありますので、寝心地も抜群です。夏はクーラーでカプセル内を涼しい環境にすることもできます。また冬は足元にヒーターも入れており、室内の快適さを追求したカプセルであります。

STEP-3
リラックスタイム

スタッフが随時確認を行いながら、最初の10分位でゆっくりと気圧を上げていきます。気圧の上昇に伴い耳が詰まる感じがしますので、口を開けたり、唾をのみ込むなどして「耳抜き」を行ってください。うまくいかない場合は、左側面にある「耳抜きサポートボタン」を押してください。(一時的にカプセル内の気圧が下がります。)

気圧が一定に達したらスタッフがお知らせします。その後はカプセル内でゆっくりとおくつろぎください。

ご利用の注意

安全にご利用いただくため、次の方はご利用をお控えください。

  • • 妊娠中の方、または妊娠の疑いがある方
  • • ペースメーカーなど体内に医療器具をご使用の方
  • • 糖尿病などでインスリンをご使用の方
  • • 耳抜きができない方、気圧の変化に弱い方
  • • 耳鼻科の病気にかかっている、または現在治療中の方
  • • 閉所恐怖症、パニック障害の方
  • • 風邪や花粉症などのアレルギーで鼻が完全に詰まっている方
  • • 発作性の持病がある方

お客様による高気圧酸素カプセル体験談

  • 水泳の試合前に入った後、試合に出たら、最高のタイムが出て嬉しかった。

  • 初めてカプセルに入った時、胃腸がぐるぐるといっていた。胃腸の働きが良くなった。

  • 肌がピーンと張った感じが2、3日続く。

  • 手足がジーンとポカポカしてくる。

  • カプセルに入った後、続けて治療を受けた日の夜は特によく眠れる。

  • 風邪をひきかけていた時にカプセルに入ったが、それ以上悪化することなく治った。

  • マラソンのタイムが15分以上も短縮して正直驚きました。

  • カプセルに入った後は頭がすっきりする。

  • 歩くのが軽くなり、早く歩ける。

  • 身体が楽になり、次の日の目覚めは爽快です。

  • 初めての時は直後は頭がボーッとしていたが、3回目ぐらいからは頭も身体もシャキッとする感じが分かるようになった。

  • 広がりがちなくせのある髪の毛が、しっとりし過ぎるぐらい落ち着くようになった。

  • 試験前に入ると集中力が増し、よく覚えられる。

pagetop