よくあるご質問 Frequently Asked Questions

初めての方へ

Q

整骨院とはどういうところですか?

A

整骨院(接骨院)では、骨折や脱臼・捻挫や打撲、筋肉などケガをした患部に注射や内服薬を使用せず、主に柔道整復術で患部の施術を行います。特に当院では、施術によって『自然治癒力』という回復力を早めるための施術を行っています。

Q

予約は必要ですか?

A

当院では待ち時間を少しでも短くするため、基本的にご予約をお願いしております。予約のない方でも体調不良や緊急を要する方の場合は予約外でも対応しております。
ただし、総院長が行うバイタルリアクトセラピーの場合は、レントゲン撮影などクリニックでの検査が必要となりますので、完全予約制となっております。

Q

どのくらいの期間通う必要がありますか?

A

症状は数日で軽減されることが多いですが、症状を根本的から治すためには、脳・骨格の再教育を行いますので、基本的には3か月~半年程度の期間が必要になります。

Q

施術時間はどのくらいかかりますか?

A

当院では初診に力を入れており、患者様の状態を把握させていただくため60分程度お時間をいただいております。丁寧な問診・触診を行い、患者様に治療方針をご説明させていただきます。
二回目以降の施術からは、15分程度の時間で施術を行ないます。

Q

駐車場はありますか?

A

近隣に駐車スペースを5台分用意しております。 詳細は当院にてお知らせ致します。

Q

施術における費用はいくらですか?

A

保険施術では、負担割合により3割、2割、1割の一部負担金を頂いております。

  • 総院長が行うバイタルリアクトセラピーの場合は3,200円~4,700円のご負担を頂いております。
  • 院長・副院長の施術は指名料が別途でございます。

その他特殊電療や鍼灸施術は保険施術料とは別に1500~2,500円前後を実費として頂く場合がございます。

Q

クレジットカードなど電子決済は可能ですか?

A

現金以外にMasterカード、VISAカード、またPayPay、iDなど多数のクレジット決済がご利用いただけます。

Q

服装は何を着ていけばいいですか?

A

どのような服装でも施術は可能です。必要であれば上下のジャージ、シャツをお貸しします。
上下柔らかい服装で患部が出せれば、着替えることなく施術が可能なのでお勧めします。

なお総院長が行うバイタルリアクトセラピーの場合は、背骨・骨盤を診させて頂きますので、当院で用意してある患者着に着替えていただきます。

Q

バイタルリアクトセラピーと一般保険施術、鍼灸などの施術の選択はどのように考えればよいですか?

A

一般的なスポーツでのケガや、突き指、足首の捻挫などは保険施術で十分対応できますが、全身あちこち痛む場合(重症例)・・・例えば、首が痛い、肩もつらい、頭も痛い、腰も痛い、坐骨神経痛もあるなど症状が全身に及ぶ場合は、背骨・骨盤等の骨格から矯正をしなければ根本施術にはなりません。この場合は総院長が行うバイタルリアクトセラピーの施術をお勧めします。

  • 保険の施術で相談なされて、その後どうしても症状が辛いケースは総院長にバトンを渡すというケースもございます。

また急性の肉離れ、関節痛、ぎっくり腰、寝違いなど痛みが強い場合は、鍼灸施術がお勧めです。 一般の保険施術でご来院後、症状によっては患者様と施術の選択についてご相談させて頂くことも可能です。先ずはお気軽にお越しください。

バイタルリアクトセラピーを受けられる方へ

Q

バイタルリアクトセラピーの施術期間はどれくらいですか?

A

根本治療には単に症状を取り除くだけではなく、原因を取り除くことが大切です。
回復するまでの期間は患者様の症状によって様々です。バイタルリアクトセラピーの施術は、平均すると3ヶ月~6ヶ月間の治療が必要と患者様にはお伝えしております。

Q

バイタルリアクトセラピーはどのような人が治療に来られていますか?

A

幼児、小児、そしてあらゆる年齢層の大人が対象になります。
どの年齢でも、健康な脊椎を維持するというのは重要なことです。
特にお子様の場合、少しでも早く治療を始めることで、将来にわたって「健康なカラダ」で過ごせます。できる限り早い時期に治療を始められるのをお勧めします。

Q

バイタルリアクトセラピーはなぜレントゲンが必要なのでしょうか?

A

脊柱は24個の椎骨(背骨)が積み木のように縦に重なり、仙骨(土台)、尾骨(尻尾にあたるところの骨)と、2つの腸骨(お尻の骨)からなっています。
しかし、脊柱の一つが動かなくなれば、他の様々な部位に問題が発生します。

レントゲンは脊柱のどこの部位に問題があるか?を正確に100%教えてくれます。一方で触っただけで歪みを検査することは、『推測』 の施術になり精度は低くなります。
皆さんが抱える問題の原因がどこにあるかを判断するのに、レントゲン検査は最も優れた方法なのです。

Q

どのような症状に効果が期待できますか?どのような症状の方が多く来られていますか?

A

首の痛み、腰の痛み、またそれに伴う神経痛や膝痛の症状に効果が期待できます。

交通事故のむち打ち後遺症。頭痛・寝違い・肩こり・ぎっくり腰・腰痛・肩の動作痛。 歩行時の膝の痛み。椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛。腰椎すべり症からの脊椎管狭窄症・・・などの難しい症状にも効果があります。
また不眠、倦怠感、頭痛、うつ症状等の自律神経失調症から起こりえる様々な症状の方も多数ご来院されています。

Q

バイタルリアクトセラピーはどのような方が受けに来られますか?

A

長年お身体の不調の方。首や腰などに急に痛みが生じた方。姿勢が悪いことに悩んでいる方。モアレ検査で引っかかり、「側弯症を治したい」と思う子供とその親御さん。色んな施術や治療を受けてもなかなか改善されずに悩まれている方。椎間板ヘルニア・脊椎管狭窄症などの痛みは強い方。
など・・・様々のお悩みを持った患者様がご来院されます。
当院のバイタルリアクトセラピーを受けて「症状や痛みが良くなった」と患者様からのご紹介で沢山の患者様(初検約2万人、累計72万人)がご来院されています。

Q

バイタルリアクトセラピーの施術の目的は何ですか?

A

目的は「根本から身体を治す」こと。
長期にわたり、「どこに受診しても治らない」という患者様の根本の原因を突き止め「早期に回復」するための施術を行います。
患者様の悩みの種である「痛み症状」を「根本治癒」に向かわせるように施術させて頂くのがバイタルリアクトセラピーの目的であります。

Q

他の病院に行っても治らなかった長年患っている首の痛みや腰の痛みでも治りますか?

A

結論からお伝えしますと治ります。
投薬や電気治療、マッサージなどでは「症状の緩和」は出来ますが「根治」には至りません。
長年の首や腰の痛みは「背骨の神経圧迫」が原因です。バイタルリアクトセラピーの施術により神経圧迫を取り除くと、必然的に「痛み」は無くなります。

Q

整体やカイロプラクティックとの大きな違いはどこですか?

A

多くの整体法は「気持ちよくする」「慰安」を目的とします。
日本のカイロプラクティック院の施術のほとんどが「ボキボキ骨を鳴らす」「レントゲン検査なしでの施術」となります。
バイタルリアクトセラピーはドクターの協力の下、レントゲン検査をし、「背骨を100%分析」しての施術になります。
慰安ではなく、骨を鳴らすことなく、「根本から身体を治す」ことを目的とするのがバイタルリアクトセラピーです。

Q

バイタルリアクトセラピーの唯一無二のポイントはどこですか?

A

アメリカの偉大なカイロプラクター Drピアースから受け継いだ考え方を基に、臨床と研究を積み重ね、バイタルリアクトセラピー協会理事長の山﨑雅文先生が開発した施術法。
「もっと早くバイタルリアクトセラピーに出会いたかった・・・。」「遠回りした・・・。」「日本中の患者さんはバイタルリアクトセラピーを受けるべき。」との感想を多く頂きます。

他の施術では治せない「様々な症状を治癒へと向かわせる唯一無二の施術法」と言えます。

Q

バイタルリアクトセラピーとはどのような施術ですか?

A

バイタルリアクトセラピーは提携クリニックの協力の下、レントゲン検査をし、「背骨や骨盤の歪みを100%分析」しての施術になります。
『バイタルリアクター』という独自の医療器具を使い、背骨や骨盤・頭蓋骨を矯正し、神経圧迫を取り除く、最先端の骨格矯正法です。

Q

初診の際にレントゲンを撮るのはなぜですか?

A

レントゲン検査での背骨の分析を「100%」とすれば、熟練された施術家の触診での分析は「17%」の正確性しかない・・・との数値分析の報告がありました。
バイタルリアクトセラピーはレントゲン画像で患部を正確に把握し、早期に根治させることを目的としていますので、初診の際にはレントゲンを撮って頂いております。

Q

体内に金属(人工関節など)が入っているのですが、バイタルリアクトセラピーは受けられますか?

A

受けられます。当院には背骨・骨盤・股関節・膝関節等の人工関節置換術をされた患者様が多数ご来院され、良い施術成果が出ています。

Q

妊娠中でもバイタルリアクトセラピーは受けられますか?

A

妊娠中でも「マタニティケア」として受けて頂くことが可能です。ただし妊娠初期の5ヶ月目までは原則施術は行いません。
6ヶ月目以降からは腹筋の緩みによる「お腹の張り」、反り腰からくる「腰痛」等の症状改善。
また40歳前後の高齢出産が常の現代社会において、「安心で楽な出産」を迎えるための骨盤(仙腸関節)の調整はバイタルリアクトセラピーの得意とするところです。 ぜひ受けて頂きたい施術になります。

Q

産後の骨盤ケアも可能ですか?産後どのくらいの時期から施術を始めたら良いでしょうか?

A

産後の骨盤ケアももちろん可能です。特に「産後2週目~6週目までが一番大事な矯正期間」になります。
産後の腰痛・産後うつ症状の改善。また、出産前のプロポーションに戻すためにも早期施術(骨盤矯正)をお勧めいたします。

Q

子供の姿勢が気になります。子供でもバイタルリアクトセラピーを受けられますか?

A

私は子供の施術の必要性をいつも訴えています。
子供のうちに背骨の歪みを治すことは、その子が将来大人になってから起こりうる様々な症状を抑えることに繋がります。
つまり「病気を未然に防ぐことが出来る!」という事です。
「ケガをしても子供だから大丈夫」「子供のうちから治療なんて・・・」「子供は転倒しても柔らかいから大丈夫」という考えは間違いです。
なぜなら、そのケガが背骨の歪みを誘発させるからです。

歯科矯正を成長期(小学生)にすることが一般的になっているのと同様に、背骨の矯正も成長期から始めることがとても大事なことです。

Q

特に痛みなどの症状がなくてもバイタルリアクトセラピーを受けられますか?

A

受けられます。歪みは初期の時点で【症状がない】ケースもあります。しかし、転倒などの【ケガ】や日常生活における【悪い姿勢】が原因で痛みやしびれを誘発することもしばしばあります。
「最近何だか姿勢が気になる・・・」「最近体調がイマイチだな・・・」「最近肩こりが酷いな・・・」と不調を感じた時は何かのサイン・・・早期発見が根治への近道です。 症状があまり酷くないうちに当院にご相談ください。

Q

寝違いやぎっくり腰などの急性の症状でもバイタルリアクトセラピーは受けられますか?

A

もちろん受けられます。バイタルリアクトセラピーの施術は「急性症状にも有効な施術法」であります。患者様に『あっという間に治りますね!』と言われることも多々あります。 安心して御来院ください。

Q

頚椎の痛みや腰痛などはどのくらいの期間、施術が必要ですか?

A

施術の精度も上がり、症状は早期に取れることが多いですが、根治には約3ヶ月から6ヵ月ほどの期間を要します。脳に「正常を記憶させる」ために、初検月は週に2回。2ヶ月目~3ヶ月目は週に1回。4ヶ月目~5ヶ月目は2週間に1回。最終月の6ヶ月目は月に1回。少しずつ期間を空けながら施術を受けて頂いています。そしてその後はメンテナンスで月に一回通われている方が多いです。

交通事故

Q

交通事故は自動車保険(自賠責保険)適応で施術が可能ですか?

A

もちろん病院と同じように使えます。
病院に通院中であっても、保険会社の同意があれば並行して当院の施術が受けられます。 バイタルリアクトセラピーは交通事故の患者様に特に効果があり、喜ばれている施術法です。

Q

治療費はかかりますか?

A

治療費はかかりません。
交通事故の場合は自賠責保険により治療費が払われますので、患者様のご負担はありません。

Q

保険会社への手続きはどうすればいいですか?

A

保険会社様への手続きは当院が行います。
患者様は相手保険会社の担当者へ当院の連絡先をお伝えいただくだけで問題ありません。

Q

どんな治療をするのですか?

A

バイタルリアクトセラピー、特殊整復法やストレッチ、運動療法、テーピングなどの中から患者様の症状に合わせ、最適な施術を行います。

Q

レントゲンで異常がないと言われたのですが、だるさ、めまい、吐き気などの症状があります、治療は可能でしょうか?

A

はい、可能です。
レントゲンでは骨の異常は写りますが、筋肉などの負傷は写りません。
違和感や痛みの原因は『骨』だけでなく、筋肉や靭帯などの軟部組織が原因で起こる事もありますので、レントゲンに問題が無い場合でもしっかりとした施術をお勧め致します。

Q

症状が軽くても治療は受けられますか?

A

はい、受けられます。
症状の重さだけでは判断できない事が多くあります。骨折などの『激しい痛みを伴うケガ』だけが事故の症状とは限らないので、油断せず医療機関を受診ください。

Q

交通事故後、数日過ぎてから痛みが出たのですがどうすればいいですか?

A

交通事故の直後は痛くなかったので病院に行かなかったが、時間が経過するにあたって痛みや違和感が出てくる場合があります。事故から日にちが経過しすぎた場合、事故との因果関係が認められにくくなるため、少しでも違和感があれば先ず保険会社に連絡をし、早めに受診してください。

  • 事故直後は精神が興奮状態となる場合が多く、痛みを感じにくくなるため注意が必要です。
Q

現在病院に通院しているのですが、整骨院には通えますか?

A

はい、通えます。
定期的な経過観察を病院で受け、普段の治療は整骨院でするという患者様も多くおられます。